氷漬けの手記

ポケモンの事などを

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ウルガモスの話(6→4ダブル)

先週末にダブル要員をたくさんシフターで送りました。
ロトムとかロトム(2体目)とかスイクンとかカポエラーとか


ダブルのレートは今1740あたりをウロウロしてます。
56戦中43勝13敗 まあ4回に1回くらいは旅パらしき人と当たりますが…

今のウルガモスは

むしのさざめき
だいもんじ(ねっぷう)
まもる
むしのていこう ←試行錯誤枠 

実数値 192-x-84-156-133-158
(個体値 31-x-29-31-30-31)
(努力値 H252 B0 C4 D64 S188)
@ヨロギ(不意のいわなだれへの保険

めざパが残念なものの他は調整に耐えうる数値だったので
折角ということで育成


ラティオスのジュエルりゅうせいぐん確定耐えまでHDに振って
あとは余りをS(とC)に

ラティが竜ジュエルか眼鏡の時は強気に突っ込んでくるので
この調整の恩恵を見る機会はけっこう多めです。
さざめきでラティオスを確1にできないので相方のこご風や
先制技でトドメ。
対ラティオスだとここまで硬くしておけば割と安心できます。


彼の仕事は、主に見せ合い時点でのメタグロスの威嚇です。
実際うちの場合のグロス処理はスイクンのねっとうやロトムの
電気技で済むことが多いためウルガモス炎技が必ずしも要るという
訳でもないです。


ただまあ、ナットレイを瞬殺したりクレセバンギラティにもダメージが
与えられるいいポケモンです。


今後としては、かなりの頻度で見かけるヒードランに対抗するため
めざ地面高個体を引くまでダブルは一旦休憩です。
スポンサーサイト
ポケモン | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。