氷漬けの手記

ポケモンの事などを

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

プルリル@輝石

輝石プルリルは3体います。

見た目が可愛いこととD振り時の特殊耐久以外はブルンゲルにことごとく劣るので
マゾヒスト以外には使用をおすすめしません。



以下適当に紹介
シングルorローテ仕様


すべて 
性格おだやか(合計ステが高くなるから)
特性のろわれボディ

個体値は基本的にHBDV(ACSは高くても低くても大差ない)




【1体目】
H252 B252 D4
ねっとう・ナイトヘッド・おにび・じこさいせい

血迷って育てた初代。すべての元凶。
つるぎのまい持ちとブルンゲルなどの再生回復持ちが突破できなくて
もどかしい気分を覚える。「おにび」のダメージ速度が遅いのも難点。
なんだかんだ言っても十分に物理受けはできていた。


【2体目】
H252 B4 D252
ナイトヘッド・どくどく・とける・じこさいせい

D特化の使用感を知りたいので今度はHD振り。
水攻撃技は無くても炎を突破できるので切った。大体火力が低すぎる。
相方で組むことが多いハッサムの天敵ブルンゲル突破のために「どくどく」。

無補正C無振りサンダーの10万が低乱数2でたまに後出しから止めるという
意味不明なほどの特殊耐久。

居座りが基本なので「とける」は非常に使い勝手が良かった。ただし、Bに振って
いないので物理相手に「とける」積みが間に合わないことが多々あった。
メタグロス程度なら余裕で積める。


【3体目】
H252 B164 D88
ナイトヘッド・どくどく・とける・じこさいせい

ガブリアスA無補正252振り@ハチマキの「げきりん」確2
(=同条件の道具なし「げきりん」を「とける」積みで再生が間に合う)
2代目の技構成は使い勝手か良かったのでそのまま。

対ガブ用調整にしたのは特に調整先が思いつかなかったからで。
そもそも「つるぎのまい」持ちだと受けられない。意味あったのか。
それでも2代目よりは物理相手に後出ししても安定して積めるようになったのは○。

実戦投入したら「とける」積み無しでようきチャーレムの「しねんのずつき」が
中乱数2発なことに気づいたのでもう少しBに回してもいいかもしれない。




次に育てるならローテのトリル起動役。
「あやしいひかり」は一応候補にあるけれども安定しないので封印状態。
ダブルトリプルでプルリルを使う気はありません。理由はスカーフしおふきで
ないのがバレるから。
スポンサーサイト
ポケモン | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<勝率は5割弱 | HOME | あけました>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。