氷漬けの手記

ポケモンの事などを

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

カビゴン(未定)

ローテ

ビリジオン
プルリル@輝石
ヒートロトム
ハッサム
ガブリアス
ラティアス(←少し前まではラティオス)



ガブは何入れたらいいか分からなかったから適当に突っ込んだだけで
ビリジオン・ラティアスと氷弱点がもろ被りなので変えほうがいい感じが物凄く

カビゴンが良さそうかなと考えています
シャンデラも全体的にきついのでそいつに攻められる技がおそらく必須


そもそも何故ガブを今まで外そうともしなかったのかと考えなおせば
プルリルはバンギがきついから出てくるのを抑制するためでした
外せばバンギがどんどん出てくるんだろうなあ

ポケモン | コメント:0 | トラックバック:0 |

勝率は5割弱

ねこのてPT

オオタチ(←飾り)
ゴウカザル
スリーパー
マニューラ
グライオン
ラプラス


面子を見たら何を猫の手したいのかは結構予想できそうな気がしないでもない。

ねこのて爆発は他の方がされていたので、自分は「役割破壊技を出す」方針で。
案の段階ではオニゴーリ・バイバニラ(爆発と零度両立)がいました。



シングル用です。
「ねこのて」という技自体、シングル以外でやる意義があまり無いです。

ランダムシングルが久々だったのでスカーフや能力反動技(流星やオバヒ)の
無法な強さが新鮮に思えました。かなりローテ感覚が染み付いてます。


ねこのて頼みのPTというわけではなく普通に動いても戦えるPTなので
わざわざねこのてせずに殴ったほうが勝ちやsuゲフンゲフン





十分戦って満足したのでローテ用エルフーンとエルレイドを考えることにします。

ポケモン | コメント:0 | トラックバック:0 |

プルリル@輝石

輝石プルリルは3体います。

見た目が可愛いこととD振り時の特殊耐久以外はブルンゲルにことごとく劣るので
マゾヒスト以外には使用をおすすめしません。



以下適当に紹介
シングルorローテ仕様
プルリル@輝石…の続きを読む
ポケモン | コメント:0 | トラックバック:0 |

あけました

明けてから20日ぐらい経っていました。
新年おめでとうございます。


最近の自分のポケモン事情でも。


→全体
ゲームできる時間も減った上にポケモンの比率も半分以下になりました。
主にダブル(WCS2011ではない)を空き時間に考えて、帰宅してからちょこちょこ
プレイしているだけです。



→ダブル
キリキザン・ジュカイン・ゲンガーあたりを連れて遊んでます。
イッシュ勢はローブシン・シャンデラ・ブルンゲルあたりも揃ってメジャーどころは
大体育てたことになります。

ジュカイン(しんりょく)@草ジュエル
リーフブレード・いわなだれ・みがわり・みきり

キリキザン(まけんき)@悪ジュエル
つじぎり・ふいうち・アイアンヘッド・まもる

ローブシン(こんじょう)@格闘ジュエル
ドレインパンチorアームハンマー・いわなだれ・マッハパンチ・みきり

ダイケンキ(げきりゅう)@虫ジュエル
アクアジェット・シェルブレード・メガホーン・みきり


BOXを見て気づきましたが自分はジュエル大好きのようです。生粋のジュエリスト。


→トリプル・シューター
ナゲキとワタッコを使ってみたいので彼らはいずれ育てます。


→ローテ
意地でもハハコモリを使いたいのですが火力がいまいちなのでジュエルやら珠やらを
持たせるとタスキでないため一手読み違えれば即死なので頭が痛いです。
シングルに比べたらはるかに良ゲーだと思うのになぜ流行らないのか疑問なルールです。



→シングル
完全にやる気なくなりました。2週間ぐらい前に1ヶ月ぶりにランダム潜ったときに
勝っても負けても面白くないと感じて以来ずっとです。一応フレ戦はごくたまにやってます。
でも人口はシングル一番多いんですよね…。
ポケモン | コメント:0 | トラックバック:0 |

ウルガモスの話(6→4ダブル)

先週末にダブル要員をたくさんシフターで送りました。
ロトムとかロトム(2体目)とかスイクンとかカポエラーとか


ダブルのレートは今1740あたりをウロウロしてます。
56戦中43勝13敗 まあ4回に1回くらいは旅パらしき人と当たりますが…

今のウルガモスは

むしのさざめき
だいもんじ(ねっぷう)
まもる
むしのていこう ←試行錯誤枠 

実数値 192-x-84-156-133-158
(個体値 31-x-29-31-30-31)
(努力値 H252 B0 C4 D64 S188)
@ヨロギ(不意のいわなだれへの保険

めざパが残念なものの他は調整に耐えうる数値だったので
折角ということで育成


ラティオスのジュエルりゅうせいぐん確定耐えまでHDに振って
あとは余りをS(とC)に

ラティが竜ジュエルか眼鏡の時は強気に突っ込んでくるので
この調整の恩恵を見る機会はけっこう多めです。
さざめきでラティオスを確1にできないので相方のこご風や
先制技でトドメ。
対ラティオスだとここまで硬くしておけば割と安心できます。


彼の仕事は、主に見せ合い時点でのメタグロスの威嚇です。
実際うちの場合のグロス処理はスイクンのねっとうやロトムの
電気技で済むことが多いためウルガモス炎技が必ずしも要るという
訳でもないです。


ただまあ、ナットレイを瞬殺したりクレセバンギラティにもダメージが
与えられるいいポケモンです。


今後としては、かなりの頻度で見かけるヒードランに対抗するため
めざ地面高個体を引くまでダブルは一旦休憩です。
ポケモン | コメント:0 | トラックバック:0 |
BACK | HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。